ブログトップ
カテゴリ:warangwayan( 5 )
あと2日!
2010年 の warangwayan 展は インドネシア バリ島展。
例年通り 原宿 Zakka にて。

f0129969_20415089.jpg


warangwayan が作るアジアの丁寧な手仕事、ぜひ見に行ってください。


告知遅れてすみません。。。
[PR]
by michi-maroc | 2010-08-26 20:39 | warangwayan
   タジン 3 兄弟 ♪♪♪
    初公開!
    新モデル タジン の兄弟


f0129969_7551683.jpg


    でも実は 4 兄弟。。。。
[PR]
by michi-maroc | 2010-04-25 07:57 | warangwayan
   厳選素材★
    編み目フェチのかご仕入れ。

f0129969_7554069.jpg


    今月、我がお目にかなったのはこれだけ。
    シーズンなのに辛い。。。


    でもね、これだけはゆずれないのよ。
[PR]
by michi-maroc | 2010-04-21 08:00 | warangwayan
こむぎこ袋
最近気になっていたものにアラビア語の書かれた小麦粉袋があります。

現在は養生シートなどに使われるビニール製ですが、昔は布製のものが使われていました。

村の市などに行くと買い物袋はみなこの小麦粉袋をリサイクルしたものをもっていて、しかもその買い物袋は相当使い込まれているためにいろいろなところに継はぎがしてあったりします。日焼けした肌に深いしわの入ったしぶいおっちゃんたちがそんな袋をもってうろうろしている市場を想像してみてください。。。。なかなかいいでしょ?


そんな中、私のこころを鷲掴みして離さなかったのが小麦粉袋を縫い付けたバスケット。強さが自慢のモロッコバスケットも、長い年月カンカン照りのお日様の下ものすごい量の荷物を運び続けるため、やはり部分的に傷みが出てきます。そんなほつれを補うために小麦粉袋が付けられているんです、しかも荒くテキトーな縫い目で。


Zakka展用にわたしも一つ作ってみることにしました。


販売用なので’適当な縫い目’とはいきませんが、ゴージャスに皮を使うのではなくいたってシンプルに。 職人さんたちと一緒に試行錯誤しながらいくつかのモデルを作りました。


f0129969_9341814.jpg


写真は四角いマルシェカゴに小麦粉袋を縫い付けて、あとから同素材の把手をつけてもらっています。


こんなカゴ持ってお野菜を買いに行ってはどう ★ ★


http://www.warangwayan.com/cgi-bin/atelier/atelier/index.html

++warangwayan atelier ページでもバスケット製作の様子書いてます。
[PR]
by michi-maroc | 2007-08-03 09:59 | warangwayan
はたらくらくだ
8月末のバスケット展(原宿Zakkaにて。http://www2.ttcn.ne.jp/zakka-tky.com/)に向けてバスケットを収集中。


編み目フェチな私のこだわりは ”目が詰まってしっかりしたバスケット”。


マラケシュスークで売られている観光客向けのおしゃれなバスケットよりむしろ野菜や穀物を入れて市場に置かれたり、パンや果物を運ぶために動物に付けられるがっしりしたバスケットに惹かれてしまいます。


先週末も新たなバスケットを求めて、200kmほど離れた村の市に行きました。
早朝5時にでたにもかかわらずくねくね道のせいもあって到着したのは8時過ぎ、お目当てのバスケットもほとんど見当たらず少々萎えていた私の横をものすごい荷物を積んだラクダが横切って行きます、えらく涼しげな顔で。


f0129969_914625.jpg


そのどでかい荷物とクールなラクダの表情が私に言いました。
 がんばれよ、と。


はたらくラクダに励まされたはたらく私は明日もバスケットを求めて村々を回ります。
[PR]
by michi-maroc | 2007-07-25 09:25 | warangwayan